会社概要

会社概要

名称 JUKI広島株式会社
設立 1963年7月5日
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長 須藤 秀哉
主要株主 JUKI株式会社
売上高 21.2億円(2017年度)
従業員数 117名(2017年9月末)
連絡先 営業部長 赤川 義光
TEL 0824-64-5260 FAX 0824-65-1536
主要製品 自動車・家電・建築等のプレス金型設計・製作工業用ミシン・家庭用ミシン・自動車部品・建築部品等のプレス、溶接、機械加工部品の製造。
主要取引先 ・JUKIグループ
・マツダ株式会社一次協力会社
・三菱電機株式会社一次協力会社
・積水ハウス株式会社一次協力会社

 

品質方針

品質は会社にとってお客様からの信頼を勝ち取るための最大の武器です。
JUKI広島株式会社の社員は、たゆまず品質向上と技術の向上を追求し、 社会から信頼される会社を目指すと同時に、それによって会社の発展を目指します。

 

1. 全ての思考や行動は、お客様のニーズを最優先して行動する。そして次工程もお客様。
2. 不良品は造らない、出さない、売らないを徹底し流失防止に努める。
3. 問題点が発生したら応急対策だけではなく恒久対策に手を打つ。
  恒久対策とは仕事のやり方を変え、それを標準化し、再発を防止すること。それを最後までやり遂げる。
4. 問題点の真の原因は『三現主義』によって突き止められる。三現である『現場・現実・現物』を重視して行動する。

 

2015年4月1日
代表取締役社長 須藤秀哉

 

環境方針

JUKI広島株式会社は、企業活動が広く地球環境と密接に関わっていることを認識し、環境に配慮した企業活動により、地域と社会に貢献します。
環境にやさしい製品を世界の人々に提供し、持続的な活動を通じて、よりよい地球環境を次世代にひきつぐ役割を果たします。

 

1. 環境マネジメントシステムを継続的に改善し、汚染の未然防止に努める。
2. 企業活動が環境に与える環境の中で、以下の項目を重点として推進する。
  電気・ガス・燃料エネルギーの使用量を低減する。
  産業廃棄物の排出量を削減し、分別を徹底し再資源化を推進する。
  化学物質の管理を徹底し、排出・流出を予防するとともに、環境負荷の低減に努める。
3. 環境関連規制及び同意するその他の要求事項を順守するとともに、環境汚染を防止する。
4. 5S活動、内部監査等を通じて、社員一人ひとりの「環境意識」の向上を図る。

 

2017年9月1日
代表取締役社長 須藤秀哉

会社沿革

1963年 7月 株式会社ジューキ広島製作所 設立 (安佐北区)
1964年 4月 手編機械生産開始
1973年12月 家庭用ミシン生産開始
1979年11月 JIS優良工場として広島通産局賞を受賞
1980年10月 三次工場完成
1981年10月 タイプライター生産開始
1987年 8月 ロックミシン生産開始
1993年12月 チップマウンター用ユニット生産開始
2001年10月 国際規格ISO9001認証取得
2003年 2月 紙幣識別機設計製作開始
2005年 5月 JUKI広島株式会社に社名を変更
2008年 3月 国際規格ISO14001:2004認証取得
2008年12月 本社を安佐北区から三次市に移転
2017年10月 国際規格 ISO9001,ISO14001:2015 認証

アクセス

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー

Copyright 2017 JUKI HIROSHIMA CORPORATION